スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
決断は?
2007-08-30 Thu 17:39

8月27日のブログ記事中で、皆様にタラ2セット目を組む時期についてお伺いしたところ、速攻
でセット派と採卵した卵が孵化してから組む派に分かれてしまいました^^;

民主主義国家の日本らしく意見の多かった方に従おうという、なんとも他人任せなことを考えて
いましたw

いつものように職場で虫達に囲まれながら仕事をしていると。。。

GORA4861.jpg   GORA4865.jpg
AM9:30 キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

GORAオリジナル血統、誕生の瞬間です♪

早速デジカメを取り出し撮影開始w
ティッシュ管理のため背景が白くなかなかピントが合わない。。。

結局、撮影できたのは卵の殻を全て脱ぎ終えてしまった後でした(´Д⊂ヽ

GORA4872.jpg 孵化した数は3頭♪

 孵化直後は真っ白だった頭も現在は色付き始めま
 した^^

 そろそろマットに移してもいいかな?



GORA4874.jpg 先日コバシャを大量購入したので、こんな感じで使っ
 てみようかなと思っています。

 完全にヒルズ仕様ですw

 まぁ、こんな真似していられるのも今のうちだというく
 らい採ってみたいものですね^^;


そして最初のお話に戻りますが。。。

sorapaさんやPaPaさんから。。。
「今回の卵が孵化してきてからのセットでいいと思いますよ」とのありがたいお言葉^^

GORA4881.jpg ならば、再セットでしょう!

 エッ?速攻再セットと変わらないって。。。

 そりゃそうだ(爆




とりあえず再セットは52mm♀のみ。
無精卵だった51mm♀は念のためもう一度ハンドペアリングを試してからセットしてみたいと
思います。

前回は穿孔まで苦労したタラ姫^^;

今回はすんなり穿孔してくれるのでしょうか?


追記 PM17:30
GORA4882.jpg 記事を書き終えて、ふと覗くと。。。

 さらに2頭孵化してました♪

 これで6個中、5頭無事孵化しました^^






スポンサーサイト
別窓 Mesotopus tarandus コメント:26 トラックバック:0 top↑
発生源は?
2007-08-29 Wed 15:57
前から気になって購入した発酵マット。

昨日、どんなものかと段ボール箱を開けてみると、そこには小分けにされていない50Lの発酵
マットがそのまま「ドーン♪」とありました^^;

まぁ、ちゃんと調べなかったσ^^が悪いんですけどね(汗

さらに、この発酵マットかなり「う○ち」臭いΣ( ̄ロ ̄lll)ハンパねぇ~
ガス抜きしても本当にこの臭いが和らぐのだろうか。。。

こんなに強烈な臭いのマットを集合住宅で日中ガス抜きしたら、お隣さんの洗濯物が「う○ち」
臭くなってしまう(▽|||)

仕方ないので、深夜ベランダで2時間限定のガス抜き作業( ´ノД`)コッソリ

これじゃぁ1週間経ってもガス抜き終わらねぇ(_ _|||)...

そんな訳で急遽いつも利用している無臭発酵マットを購入したことは言うまでもありませんw



そして、ガス抜きのため発酵マットをベランダに出している間に、パチェコのマット交換です。

【Megasoma pachecoi】
 パチェコヒメゾウカブト  メキシコ・ソノラ産
 親種:♂59mm WF1 ♀37mm WF1  累代:CBF1
 割り出し日:2007/02/21 卵~初令回収  飼育温度:23℃~25℃ 無添加発酵マット使用

GORA39070829_01480001.jpg GORA39070829_01490001.jpg GORA39070829_01490002.jpg
GORA39070829_01500002.jpg GORA39070829_01510001.jpg
職場にデジカメのSDカードを忘れたため、携帯での撮影です^^;

2007/06/18
①17g ②19g ③20g ④20g ⑤21g ⑥19g

2007/08/28
①29g ②24g ③23g ④25g ⑤24g ⑥ ☆

残念ながら1頭☆になっていました(-人-)i~合掌
番号を振っていますが、多頭飼育のため前回の体重との比較は出来ません^^;

ただ、前回測定より順調に伸びていますね^^
29gはちょっと大きいような気がして心配ですが。。。



そして本日、皆さんの貴重な意見を参考にしてタラ♀(51mm)の再ペアリングをしました。
♂のケースに♀を投入した途端!!!

♂の猛烈アタックで無事ドッキング完了♪

2~3分程メイトガードしていましたが、ウザくなったのか♀逃亡w
♂が執拗に追い掛け回すものの、♀は断固拒否!

終いには♂怒り出すし(▽|||)。。。

結局、甘いはずの同居生活も5分足らずで終了^^;

♀には少し休憩してもらい、来週にでも2セット目を組んでみたいと思います。

しかし、皆さんのところでは数日間タラを同居させても仲良くしてるのに、うちのタラときたら
5分も同居できないなんて。。。

原因は飼い主か?w
別窓 Megasoma pachecoi コメント:6 トラックバック:0 top↑
採卵結果は?
2007-08-27 Mon 15:13
休日を利用して散乱していた飼育部屋の片付けもようやく昨日でひと段落し、スッキリした飼育
部屋を眺めてしばし余韻に浸っていたら。。。

「ピンポ~ン♪」

「毎度様です!ヤマト運輸です^^」と爽やかな声が玄関の扉の向こう側から聞こえてきました。

うげっΣ( ̄□ ̄!)

注文していたコバシャ中10個、コバシャミニ25個、発酵マット50L等々が到着。
渋々荷物を受け取り、飼育部屋に搬入。。。

片付ける前よりも居場所が狭くなってしまったGORAです(´Д⊂ヽ

さて、本日は以前より計画していたタランドゥスの割り出しです♪
♀51mmが8月6日、♀52mmが8月10日に穿孔しましたので2週間は経過しています。

GORA4845.jpg   GORA4848.jpg
【Mesotopus tarandus】
 アフリカ コンゴ産 ♂80mm(WF1)×♀51mm(WF1) 同腹個体

削り粕の量がイマイチ少なかったので、かなり心配でしたが予想通り産卵床は小さく、出て
きた卵は全て黒ずんでいるか、黒く萎んでいるものばかりでした。

採卵結果(51mm):9個(孵化の見込み 0%)

材の水分量は程よい感じだったので、水分過多によるものではないと思います。
無性卵ってこんな感じなのでしょうか?

皆様からの貴重な意見お待ちしておりますm(_ _)m

GORA4843.jpg   GORA4856.jpg
【Mesotopus tarandus】
 アフリカ コンゴ産 ♂83mm(WF1)×♀52mm(WF1) 同腹個体

こちらは明らかに削り粕の量が違います。
材を割ると産卵床の大きさも倍以上ありました。そしてすぐに緑色の卵を発見♪

採卵結果(52mm):6個(孵化の見込み 90%)

初めて見るグリーンエッグに感動(´Д⊂ヽ
透き通るような黄緑色の卵は本当に綺麗ですね♪

爆産とまではいきませんでしたが、この時期穿孔&産卵が難しいと言われる中で無事採卵
出来ただけでも良しとしましょう^^

無性卵やσ^^の管理ミスがない限り孵化してきそうな勢いですが、結果はどうでしょうか?

速攻で2セット目を組むか、まだ悩んでいますが、とりあえずハ○パーは明日にでも職場持
込ですねw

さぁ~て仕事でもするか(爆

別窓 Mesotopus tarandus コメント:20 トラックバック:0 top↑
完結
2007-08-25 Sat 21:09

さて今日も気になっていたけど、なかなか踏ん切りが付かなかった企画第2弾(笑

それはコバシャ大に入っていたメンガタメリーの産卵セット^^;

既に♀は☆になり5月12日に割り出しが終了した時点で78頭!!!

これで最後だろうと思ったのですが「もしも」という事もあるので、産卵木とマットはケースに戻し
ておいたのです。

あれから3ヶ月が経過し、飼育部屋の隅に置かれたままになっていたケースを見ると、何やら
蠢くものが。。。

何と、ケースの側面にニョロがいるじゃないですか!(O.O;)
しかも結構大きいし。。。

最近、皆さんのところへ里子に行ったメンガタニョロの羽化報告を頂くようになったことが、この
状況からちょっと逃避していたσ^^の背中を押してくれましたw

GORA4819.jpg   GORA4814.jpg
産卵ケースの中に入っていた産卵木はご覧のようにほぼ原形を留めていません。

そして回収したニョロは、数えていただければ分かりますが、23頭です♪
結構育ってましたね^^;
中にはまだ2令のニョロもチラホラ見えますので、孵化した時期に幾分タイムラグがあった
ことがわかりますね。

これで回収したニョロの総数は101頭になりました♪

ただ前回までに回収したニョロのうち孵化直後のド初令は結構☆になってしまったので、現
在管理しているニョロは20頭あまり。。。

それが今回の回収で一気に倍になってしまいました^^;
お陰で発酵マットのストックが無くなってしまった(▽|||)チュウモンシナャ...

【自虐ネタ^^;】

前回までに回収したニョロのうち、ド初令は200ccのプリンカップで管理していました。

ある程度育ったら800cc~1100ccのPPボトルへ移していたのですが、3頭だけ未だに移し
ていないニョロがいたのです。

丁度いい機会なので、3頭のニョロたちもお引越しです(滝汗
もうこれ以上待てないなと思っていたのも事実ですが。。。

しかし1個のプリンカップだけニョロの姿が見えません^^;

「こりゃ☆になったな」と思い、プリンカップをひっくり返したところ。。。

GORA4824.jpg 「ゴロン♪」

 Σ( ̄0 ̄ ;ノ)ノ エッ!

 これって繭室じゃない?




恐る恐る繭室を崩していくと。。。

GORA4832.jpg   GORA4840.jpg
羽化してました(爆汗

しかも200ccプリンカップで(▽|||)。。。

皆さんは真似しないようにね~(笑


別窓 Homoderus mellyi コメント:14 トラックバック:0 top↑
戦々恐々
2007-08-23 Thu 19:59

え~、実は飼育部屋の隅に置いてある「あれ」が最近気になってしょうがなかったのですが、
触れて良いものかどうかかなり悩んでいました。

意を決して、恐る恐るラベルを確認すると。。。

前回交換日「4月26日 ○○g」と書いていましたヽ(ill゚д゚)ノ ヒェ

発酵マットを4ヶ月もケースの中に入れてりゃ、さすがに低温管理でも劣化が気になります。
ましてやその中にいる「あれ」はもっと気になります。

まぁ、鍬形のニョロをコバシャ大で単独飼育していたんで、余裕ブッコいてました^^;

ん!?

鍬形・・・コバシャ大・・・単独飼育・・・  俺以外にそんな飼育している人いるかな?^^;

そんなVIP待遇だったニョロ達も今やどんな想いで居るのでしょう。。。

という訳で現在の心境を聴くべく、掘り出してみましたw



ちなみに皆さんはここまでの前フリでどの鍬形か想像つきましたか?



GORA4675.jpg 【Prosopocoilus giraffa keisukei
 和名:ギラファノコギリクワガタ
 産地:インドネシア・フローレス島
 2007/02/19  5g
 2007/04/26  16g
 2007/08/ --   蛹化 ♀
 管理ID:PGK06003


正解はギラファ(まんじくん血統)でした^^;
こちらはダ○ソーの100円米びつで飼育してたニョロですが、無事蛹化してました。

GORA4799.jpg 【Prosopocoilus giraffa keisukei
 和名:ギラファノコギリクワガタ
 産地:インドネシア・フローレス島
 2007/02/19  16g
 2007/04/26  31g
 2007/08/23  53g  +22g
  管理ID:PGK06001

GORA4797.jpg 【Prosopocoilus giraffa keisukei
 和名:ギラファノコギリクワガタ
 産地:インドネシア・フローレス島
 2007/02/19  19g
 2007/04/26  36g
 2007/08/23  54g  +18g
 管理ID:PGK06002

GORA4795.jpg 【Prosopocoilus giraffa keisukei
 和名:ギラファノコギリクワガタ
 産地:インドネシア・フローレス島
 2007/02/19  5g
 2007/04/26  13g
 2007/08/23  53g  +40g
 管理ID:PGK06004

なっ、なんと、残り3頭とも50gをオーバーしていました♪
しかも、【PGK06004】は4ヶ月で40gUPです(驚

嬉しい誤算♪いやいや計算通り(滝汗
根食い系の属種はこのぐらいの劣化具合が丁度良かったりして(言い訳w

前回記事のヒラタケ菌飼育のニョロと比較しても差が無いと言うより、マット飼育の方が我が
家の環境では成長していました。

懐具合にも優しい発酵マット飼育でも十分100mmUPは狙えそうですね^^

まだまだ蛹化する気配もないし、次の目標は60gUPでしょ♪

さぁ、4ヵ月後にまた会いましょう(爆

別窓 Prosopocoilus giraffa keisukei コメント:16 トラックバック:0 top↑
爆産は期待しないけど
2007-08-22 Wed 19:17
今日は国産ミヤマなお話し。。。

先日自己採集でGETした2ペアですが、WILDだからそのままSET!
なんて度胸はないので、暫く♂と860ccのプリンカップに同居させてました。

昨年は産卵セットに♂♀♀投入し、そのまま約1ヶ月放置。。。
爆産していることを期待して産卵ケースを開けると、♀×2頭は無残な姿になっていました(▽|||)

そんな苦い教訓があるため、今回は事前にペアリングを済ませてから産卵セットを組むことを
決めてました。

同居させている間はかなり不安がありましたが、今回は仲良くゼリーを食べたりメイトガードして
いる仲睦まじい姿を見せ付けちゃってくれていたので、なんか肩透かしを食らった感じ^^;

そして一昨日辺りから♀が執拗に♂から逃げる姿が確認できたので、♂の機嫌が変わらない
うちに♀を救出し、産卵セットを組むことにしました。

GORA4758.jpg σ^^の産卵セット方法はかなりシンプルです。

 まず、黒土を1mm幅の篩で通し加水します。
 水分加減はギュッと握って塊が崩れない程度にしま
 した。
 これをケースの底から約10cm程度、カチカチになる
 くらい固詰めします。




その上に黒土同様1mm幅の篩で通した発酵マットを詰めていきます。
詰め具合は、手で押し固める程度です。
その上に転倒防止用の樹皮を敷き詰め完成です。

ファーストコンタクトでは産卵木を入れませんでした。
産卵結果によっては、2セット目で産卵木を埋め込むかもしれません。

さぁ1ヵ月後、結果やいかに?
別窓 Lucanus maculifemoratus コメント:14 トラックバック:0 top↑
発病
2007-08-21 Tue 20:40

本日こちらは、ず~っと雨模様。。。
時々お日様が顔を覗かせたけど、それで一気に湿度が急上昇!

蒸し器の中で蒸されるシュウマイの気持ちが、少しだけ分かったような気がしましたw

そんな不快指数120%な気分を吹き飛ばしてくれるような出来事が♪

4頭のグランドシロカブトのうち3頭が蛹化して掘り出したところ、3頭とも♀でした。

GORA4740.jpg 【Dynastes granti
 和名:グラントシロカブト
 産地:アリゾナ州ペイソン 累代:F3

 めちゃ可愛いっす♪ 




そして1頭だけなかなか蛹化しないニョロも、ケースのそこを覗くと蛹化してました^^

他の3頭が蛹化してから1ヶ月以上も遅れて蛹化するなんて、俄然♂への期待が高まります。

ここで掘らなきゃじゃないでしょ!

慎重に慎重に上のマットを取り除いていきます。。。

!?

蛹室らしき感触にぶつかりました♪

そぉ~っと蛹室の上部を崩します。。。

GORA4755.jpg ♀でした(〇o〇;)。。。

 これで昨年購入したグラシロ4頭♀確定です。

 これでブリードの道が絶たれましたorz...




とまぁ、ここまでが昨晩のお話し。。。

シロカブは、ほぼGACYAPINさん頼みですが、このグラシロだけは違いますw

8月18日の記事中で、「まぁ、ポチ♪っとしやすくなりますけどねw」と言っていたときには既に
発病してたんですよ、あれが(爆

GORA4774.jpg 【Dynastes granti
 和名:グラントシロカブト
 産地:アリゾナ州ペイソン ♂:73mm
 8/16自力這い出し個体

 めちゃカッコイイっす♪悶え死に確定です(お馬鹿w


それがなんと!本日午前中に、職場到着しましたw

もう、うれしくて記念撮影大会ですよ!もし職場の人が撮影風景を目撃しても目も合わしてくれ
ないくらい殺気だっていたと思います(笑

どうです!このラ○バージャックを髣髴とさせるような見事なショット♪

しばらくは職場鑑賞だな(爆

こんなことしてっから、仕事溜まるんだっつ~の(滝汗

別窓 Dynastes granti コメント:14 トラックバック:0 top↑
仕事よりキツイかも^^;
2007-08-20 Mon 12:22
昨日は久し振りに完全休日ということもあって、1日中蟲弄りをしてました^^

とは言うものの、殆どの時間を蟲部屋の整理とプリンカップ&菌糸ビンの洗浄、そして土曜日に
到着したカワラ菌床ブロック5個の詰め詰めに費やされてしまいました(_ _|||)...

お陰で24時間テレビはまるっきり見てないし、のんびりゴロゴロもできなかったし、何より食事は
3食キチンと食べる派のσ^^が1食抜かしたのを気づかないぐらい没頭してました。

まぁ、やりだすとキリがないけどねw

なぜそんなに没頭しなきゃいけなかったのかというと。。。

①.洗い物を溜めていたため飼育部屋でのσ^^の居場所が無くなりつつあったから。

②.1日でも早くカワラ瓶詰めをしないと、ローゼン&モセリニョロに怒られて、仕舞いには暴れら
れてちっちゃいオジサンで羽化されてしまうから。

③.既に採卵した気満々でタラ用のカワラ菌床まで注文しちゃったから(獲らぬ狸の皮算用w

④.○○さんからの○○○が到着するから。

それにしても菌床ブロック崩し&瓶詰めってこんなに面倒なんだろうと思いながら作業していて
分かりましたよ^^
それは皮膜取りに結構時間と手間が掛かっていることに!

今頃気づいたかって?はい、今頃気づきましたw


ん!?④番が気になる?


そうですよね^^ALL伏字ですからw

GORA4696.jpg こちらが、○○さんから到着した小包です。

 ○○さん、宛名ありませんでしたよぉ(笑

 クロネコのにいちゃんが、
 「こちらだと思って持ってきたんですけどぉ。。。」
 って焦ってましたよw


最近秋田に燃えるような暑さが無くなったとはいえ、生体の状況が気になります^^;

我が家の環境に慣らしてから状態を確認しようと、蓋を開けてビックリ!?

Σ(゜ロ゜ノ)ノ「★#!&%$@?」

ちょっと予想しなかったものが入っていたので暫し硬直。。。

GORA4712.jpg こちらが我が家の「BreedingRoom」の一部です^^

 全体の様子は以前紹介した配置とまるっきり変わっ
 ていません。

 奥に見えるプリンカップ&菌糸ビンが昨日の成果で
 す。


ここで問題m9( ゚д゚)っ

「昨日○○○を飛ばしてくれた方は誰でしょう?」
ヒント:「BreedingRoomの画像の中に隠れてますw」


分かりました?簡単でしたね^^

エッ?まだ分からない?それじゃ画像をZOOM UP!

GORA4717.jpg みぃつけたw

 正解はGACYAPINさんでした♪
 そして送られてきたものは。。。

 【Dorucus antaeus
 アンタエウス ブータン・モルガン産 8頭


アンテ好きのσ^^には堪らない贈り物です^^
しかし、これは連絡を取り合っていたので想定内。。。

蓋を開けてΣ(゜ロ゜ノ)ノ「★#!&%$@?」となったものは、こちら!

GORA4721.jpg !?

 モノクロGACYAPINさんじゃありませんよw

 ピンクのテープ止めしてあるプリンカップです^^

 機会があったら白のムックも登場させますね♪



GORA4694.jpg 【Dorcus titanus
 スマトラオオヒラタ スマトラ島ベンクール産
 WILD ♂68mm ♀Free

 性格があまりにもσ^^と正反対のため、興味は以前
 からあったのですが、躊躇していた個体ですw



蓋を開けた瞬間、これが目に飛び込んできたときはGACYAPINさんて「江原さんじゃね?」って
思いましたよw

GACYAPINさん、ありがとうございましたm(_ _)m

飼育部屋も綺麗になったことだし、ベンクール産のブリに成功したら次はアチェ産でも狙っちゃ
おうかなぁw

PS.そんな訳で、週末皆さんのブログに訪問できませんでしたので、これからお伺いします。
連コメ投入しますのでヨロシクです♪

別窓 memo insect コメント:18 トラックバック:0 top↑
まだぁ~
2007-08-18 Sat 19:22

列島各地まだまだ酷暑・猛暑が続いているみたいですが、秋田は昨日から雨がパラつく曇り
空で、気温も30℃を下回るようになりました。

昨日の夜中なんて20度くらいしかなく、窓を開けて寝てると肌寒く感じるくらいです(驚

もう、秋田の夏は終わったのでしょうか。。。


カムバ~ック!サマ~!( 」´0`)」


まぁ、ポチ♪っとしやすくなりますけどねw

GORA4663.jpg 8月7日(右)と10日(左)に穿孔したタランドゥスの
 その後の経過です^^

 あれから穿孔したままで、お散歩している様子はあ
 りません。

 あと1週間位したら割り出ししようと思います。


今回は特別に、現在管理している温度と湿度を公表しちゃいます^^

なかなか穿孔しなかったり、穿孔したけどすぐに出てきたりしていた時の設定は、温度25℃・
湿度60%~70%でした。

爆産月の湿度に着目し、現在の50%に変更したところ翌日穿孔してくれました^^

まぁ、たかが1回湿度を下げたくらいで必ず穿孔するとは断言できませんし、まだまだ検証す
る必要性はあると思いますが、材を交換しても温度変化を付けてみても穿孔しない人は、湿
度を下げたり上げたりしてみるのも一つの選択肢として考えて頂けたらと思います。

さて今日はテルシテスのマット交換です。
ちなみにテルシは職場飼育ではありませんので、自宅で交換作業ですw

GORA4656.jpg 【Megasoma thersites
 和名:テルシテスヒメゾウカブト
 産地:メキシコ・バハカリフォルニア
 累代:WF1  孵化日:2006年11月初旬
 2007/06/06 20g
 2007/07/07 18g
 2007/08/18 19g +1g



GORA4650.jpg 【Megasoma thersites
 和名:テルシテスヒメゾウカブト
 産地:メキシコ・バハカリフォルニア
 累代:WF1  孵化日:2006年11月初旬
 2007/06/06 20g
 2007/07/07 21g
 2007/08/18 22g +1g


実は、まんじくんのブログでテルシテス♂・♀蛹化の記事を見て、σ^^のもそろそろかな?と
淡い期待を胸にマット交換したわけですが、ガッツリとニョロしてましたw

毎回思うのですが、テルシの毛の多さ。。。

どんだけぇ~

筆でマット払おうとすると威嚇するし(▽|||)

水洗いでもしようかしら(爆


別窓 Megasoma thersites コメント:18 トラックバック:0 top↑
宮下さん
2007-08-16 Thu 16:54
本日、わが街はお祭りでございます^^
もう朝から老若男女問わず浮かれ気分で、踊りまくり飲みまくりでございます。

σ^^ですか?

仕事ですが、なにか?
“o(><)o”チックショー

あーやってらんねぇ(-。-)y-~~~~

まぁ、周りが浮かれてるんならってことで、職場でマット交換ですw

GORA4638.jpg   GORA4640.jpg
【Dynastes miyashitai】 和名:ミヤシタシロカブト
産地:メキシコ南部プエブラ州ティアカン
孵化日:2007/06/25

先月から我が家(職場w)に仲間入りしたGACYAPINさん血統のミヤシタさんです^^
200ccのプリンカップで管理していましたが、そろそろ窮屈そうなので860ccのプリンカップへ
お引越しです。

今回使用したマットは、無添加発酵マットと完熟マットをブレンドしたものです。

本当はマットの上にニョロ8頭が居るところを撮りたかったのですが、マットに置いた瞬間に
勢いよく潜ってしまいました^^;

まぁ元気があってよろしい^^

GORA4646.jpg 今回は、まだニョロが小さいため体重測定をしませ
 んでした。
 というより、職場でマット交換&デジカメ撮影&ラベ
 ル印刷・貼り付けまでして、その上体重測定まで出
 来るほど太い神経は持ち合わせていませんw

 えっ?じゅうぶん太いって。。。

 (-゛-メ) ヒクヒク


まぁ作業のひとつやふたつ増えたって変わらないっか(爆

じゃあ次回は体重測定も行う方向で検討しますw



絶対やると思う。。。
別窓 Dynastes miyashitai コメント:18 トラックバック:0 top↑
まだまだ
2007-08-15 Wed 18:40

今日も夏いねぇ~^^

昨日に比べ少し風があるので幾分涼しく感じますが、それでも連日30℃を越えてます^^;
こうして暑い!暑い!言ってられるのもあと少しだと思うと、我慢も。。。

できっか!(怒

そんな訳で、今日も仕事が終わり帰宅すると19℃設定の飼育部屋に入り浸りw
凍え死にそう(爆

本日は予定通り、まんじくん血統のギラファをヒラタケ菌糸ビンから発酵マット飼育にお引越し。

低温飼育のためヒラタケ菌糸ビンからは連日のようにきのこの子実体が出現。
毎日チェックして取り除いてはいましたが、このままでは栄養が子実体に吸収されてしまい、菌
糸本来の高栄養の意味がないことと、菌糸が劣化してきたこともあり、思い切って発酵マット飼
育に切り替えました。

GORA4624.jpg 【PGK-06005】
 Prosopocoilus giraffa keisukei

 2006/11初旬 孵化
 2006/03/01  7g
 2007/06/12  36g
 2007/08/15  44g  +8g




GORA4625.jpg 【PGK-06008】
 Prosopocoilus giraffa keisukei

 2006/11初旬 孵化
 2006/03/02  9g
 2007/06/12  39g
 2007/08/15  50g  +11g



2ヶ月で10g前後の伸びてますが、思ったより伸びていません^^;
あと1割は体重を乗せたいですね。

低温飼育は、少しでも幼虫期間を長くして餌を食べる期間を延ばし体重を乗せることを目的
にしていますので、現在の体重は皆さんとさほど変わらないと思います。

あとは暴れさせずに1日でも1週間でも長く餌を食べてもらい、1mmでも大きいギラファが羽
化することを祈るばかりです。

ちなみに、ヒラタケ菌で飼育している♀2頭は蛹室を作っていますが、PP容器のため前蛹な
のか蛹化したのか、はたまた羽化してしまったのか窺い知ることが出来ません^^;

もう少ししたら掘り出してみたいと思います^^

別窓 Prosopocoilus giraffa keisukei コメント:4 トラックバック:0 top↑
第2回採集記
2007-08-13 Mon 15:46

昨日、道路脇にあるデジタル温度計の表示が。。。

42℃!?

ありえねぇ、絶対ありえねぇ。。。
ねぇ、それって故障してるよね?などと思い、確かめるべく思わずウィンドウを開けた瞬間!

あちっ!!!!!!(゚ロ゚屮)屮

熱風で死ぬかと思いましたw


秋田は梅雨明け宣言が出されてから、ずっと雨模様だったのですが、ここ2・3日ようやく燃える
ような日差しが戻り、短い夏の始まりです^^;

そして、ミヤマクワガタ採集も再び始動です^^v

いつものように、日付が変わった本日AM0:30。。。
コッソリと採集に出掛けようとした時!

「今日は、うちらも行く!」
と嫁の声。

あんた、蟲一匹触れないのに採集に行くって。。。
しかも、うちら?何、その複数形???

そう、今日当たり採集に行くんじゃないかと読まれてて、娘も起きてました^^;

男のロマンもへったくれもありません(涙
完全に深夜のピクニックに変更ですw

第一採集目的地に到着すると、早速カブ♀発見!

しかし嫁に、
「こんなにカブトムシいるのに採ってきて何考えてるの!」
と、前回お叱りを受けたので、そのままスルーしていると。。。

「ちょっと!カブトいるじゃない!早く採ってよヽ(`Д´)ノ」

「はい???」
この前言ってた事と違うじゃないですか(汗

「だって、折角見つけたんだもん、勿体ないでしょ!
早く捕まえないと、飛んで逃げちゃうでしょ!」

ごもっともな意見で(▽|||)ゲンキンダナ

結局ここではお目当てのミヤマは採れず、代わりにカブ♂1:カブ♀3GET♪

続いて第二採集目的地へ。。。
ここは平地よりやや標高の高い場所で、ミヤマゲッチュの期待が高まる場所!

そして、遂に。。。

GORA4626.jpg   GORA4630.jpg
GORA4633.jpg   GORA4635.jpg
念願のミヤマクワガタGET!!!

♂(62mm・48mm)♀(34mm・30mm)とサイズはイマイチですが、それでも2ペアゲッチュ♪

この他にコクワ♀2・アカアシ♀1をお持ち帰り^^
こちらは娘の飼育担当に決定!

とりあえずミヤマもゲットしたことだし、本日の採集は終了。。。

帰宅途中、嫁と娘が
「あ~ぁ、腹減った。コンビニ!コンビニ!」

Σ( ̄□ ̄lll)

結局コンビニに立ち寄り、夜食とも朝食ともつかない弁当を買わされました(;つД`)

あんたりゃ、やっぱり最後は食い気ですか(爆


別窓 Lucanus maculifemoratus コメント:20 トラックバック:0 top↑
推測
2007-08-10 Fri 20:52
さて今日も、タラネタです^^

昨日穿孔したと見せかけてケース内を徘徊していた♀(82mm)は、本日めでたく再穿孔してま
した。

GORA4616.jpg     wood1.jpg
1回目に穿孔した箇所は、材のちょうど真上の部分からでしたが、2回目の今回は左側面から
です。

昨日の画像と見比べてみると分かりますが、ケース左側の部分に削り粕がこんもりと出ていま
す^^

昨日湿度を下げたといいましたが、それには理由があります。

タラの爆産月というものをご存知でしょうか。飼育地域によって微妙に異なりますが、1月~3月
くらいが、もっとも産卵する時期だといわれています。

まんじくんさんのところでも、19個の採卵を筆頭に二桁採卵を連発したのは1月~2月でした。

コンゴ民主共和国の国土の大部分は熱帯雨林で覆われたコンゴ盆地からなり、年中高温多雨
の熱帯雨林気候。
周辺部は乾季(6~9月)と雨季(10~5月)にわかれた熱帯モンスーンまたはサバナ気候で、気
温の変化は年間を通じて20~30度と大差がないとのこと。

コンゴでのタランドゥス産卵時期は残念ながら分かりませんが、雨季の湿度の高い卵の腐りや
すい時期に産卵するとは思えませんので、当然乾季に産卵することが推測できます。
乾季に産卵した卵はやがて孵り、雨季を迎えた頃から幼虫は成長し始めるのではないでしょう
か。だからこそ、水分を多く排出するカワラが餌として適しているのかもしれません。。。

タランドゥスの体内時計は意外と曖昧で、日本の1月~3月の湿度の最も低い時期を、コンゴの
乾季と勘違いしている可能性があります。
コンゴの温度は年間通じて大差が無いことを考えれば、この時期あまり産卵しないのは湿度が
高い為ではないでしょうか?

まぁ、あくまでσ^^の推測ですが^^;

これまで穿孔しないことに苦しみ、職場の温度&湿度調整できる環境になったら、すんなり穿孔
してくれたことを考えればまんざら外れてない気がするのですが。。。

産卵するかは別問題ですよw

別窓 Mesotopus tarandus コメント:16 トラックバック:0 top↑
夏と言えば。。。
2007-08-09 Thu 22:58

タイトルにもあるように、夏と言えば「怪談」ですよね^^

Σ(゜ロ゜ノ)ノエッ!?
なっ、なに、その切り口。カブクワネタと関係でもあるわけ!?

みたいな声が聞こえたような聞こえないようなw

まぁ、今日のカブクワネタは最後の方にちょこっとだけ載せますので、暫しお付き合いを。。。

この時期になると、ふと思い出すことがある。
それは、私が高校生だった頃のことだ。
あの頃は、自分を中心に世の中が回っていると思っていたし、怖いものなんて何一つ無いと信
じていた。

社会に出て、そんなのは妄想だったと痛感させられたがw

おっと、いきなり最初から脱線してしまった^^;
話を戻してと。。。

私が通っていた高校は当時、心霊スポットとして超常現象では有名な某雑誌に取り上げられる
ほどだった。
しかし、そんな与太話の殆どはちょっとした話に背びれや尾ひれが付いて、先輩から後輩へ語
り継がれてきたもので、どこにでもありそうな話である。

でも、私はこの高校生活3年間の間に3回ほど不思議な体験をした。
まぁ、あくまでも校舎内に限定すると3回ということであって、それ以外にも何度か不思議な体験
に遭遇している^^;
今回載せなかった話は機会があれば、いつか書こう。

この時期は、どの部活も合宿を行う。
私の所属していたバレーボール部も例外ではなかった。
朝練、放課後練、夜練と寝る間も惜しんで、練習に励む。
夜間の練習が終われば、先輩の暇つぶしのため、後輩は一芸を披露し宴会が始まる。
宴会が終わるのが、深夜2時。
後片付が終わり、ようやく就寝したかと思うと、6時には朝練が始まる(涙
勿論、練習で削られた睡眠時間は、授業中に補っておかなければいけないw

宴会も終わり、ふと無性にタ○コが吸いたくなった。。。
(20年近く前の話なので時効と言うことで、勘弁^^;)

先輩達と他の部活の生徒の前で、堂々とプカプカ。。。
は、さすがにマズイと思い、合宿所から一番離れた場所にある教室へと向った。

この教室は、実践室といって商業科ならたぶんどこにでもあるんじゃないかと思うが、通常の
教室の3倍くらいの広さで、会社の事務的な作業(タイムカード押したり、小切手作ったりする)
を模擬実践する部屋。
床は板張りで歩くとミシミシと音が鳴り、底抜けるんじゃないかと思ったこともある。

校舎内を移動する時は、もちろん廊下などの明かりは付けない。
明かりを付けて移動してたら、私はここですよ~と先生達に教えてるようなもんだからw

非常等の明かりを頼りに実践室に到着した私は、入り口付近で至福のひと時を過ごしていた。
今でも、起きたて・食後・トイレ後・就寝前の一服は格別である。

そんな至福なひと時を楽しんでいた時、私がいる反対側の入り口の開く音がした。

そして。。。
「ミシ、ミシ」とこちらに歩いてくる音がするのである。

そりゃぁ驚くと言うより焦りましたよ^^;
怖いとかじゃなくて、「やぺっ、バレる」と思って(笑

さらに足音が近づいてきたので、息を殺し正体の分からない「そいつ」を確かめるべく足音のす
る方をに注意を促すと、ピタッと足音が止んだ。

途端に辺りが静寂に返った。。。

時間にしてどれくらいが経ったのだろうか(たぶん数十秒だったと思う)
このままじゃ埒が明かないと思い、手探りで近くにあるスイッチを押した。

一瞬にして教室は明かりに包まれたが、足音が途絶えたはずのその場所には誰もいなかった。

1年が過ぎ、私も3年となり恒例の合宿が始まった。
朝練、放課後練、夜練。そして悪しき慣習の一芸披露も引き継いだ。
やると見るとでは大違いである。
1年の齢の差でこうも差があるとは、縦社会とは恐ろしいものだw

宴もたけなわになった頃、私を急激な腹痛が襲った。
水分の摂り過ぎだったのだろうか。
私は幼い頃から胃腸が弱く、今でもコーヒーはブラックしか飲めずヤクルトやカルピスなどは
以前飲んだことがあるが、直ぐにお腹がゴロゴロしてトイレに駆け込んだことがある。
ましてや牛乳なんかを飲んだ日には、摂取30秒後トイレの中にいる有様である^^;

お腹の痛みは一向に止む気配がなく、やもえず合宿所をコッソリ抜け校舎の中にあるトイレで
用を足すことにした。
合宿所のトイレで用を済ませれば良いと思うかもしれないが、そこは3年のプライドが許さない
というか、恥かしさがあったと思う。今思えば、まるで小学生レベルであるw

校舎内のトイレならどこでも良いと言うわけではない。
明かりを付けても、明かりが外に漏れない場所でなければいけない。
私が選んだ場所は、普段から薄暗く利用者が殆どいない場所だった。
ここは以前から不思議な体験をしたと言われている場所でもあった。

しかし私はこういった話の類はとても好きだが、恐怖心などはあまりない。
今でもレンタルするビデオはアクション系かホラー系がほとんどである。

トイレに駆け込み用を足してホッとしていると。。。

「ギィー」

トイレの入口の扉が開き、誰かが中に入ってくる足音が聞こえた。
後輩が私のいないことに気付き、探しに来たのかと思った。
それにしては、私の名前を呼ぶわけでもなく用を足してる音が聞こえるわけでもない。

「もしかして。。。」
そう思った私は、扉一枚向こう側にいるであろう「そいつ」の正体を確かめるため急いで用を済
ませ、勢いよく扉を開けた。

しかし、そこには誰もいなかった。狭いトイレの中をくまなく見渡したが、結局誰もいなかった。

あれから20年余りが過ぎ、私の住む町も私の生活環境も大きく変わったが、「そいつ」は今も
なおそこにとどまり棲み憑いているのだろうか。。。


長文にも拘らず、最後までお付き合いありがとうございました。
皆さんもこのような不思議な体験をしたことはありますか?
まぁ無いに越したことはありませんがw

さて、最初のお約束どおりクワカブネタです^^
GORA4614.jpg 今日、82mmの産卵セットを確認したところ、穿孔し
 てました^^
 しかし肝心の♀はお散歩中(_ _|||)。。。

 RYUさんは温度を引くすると即穿孔!と自慢してた
 ので温度を下げようと思ったけど、他の蟲への影響
 と、これで穿孔しちゃうのがちょっと癪だったので、
 湿度を20%近く下げてみましたw



乾季と雨季を湿度だけで調整してみましたが、果たして再穿孔してくれるのでしょうか。

PS.このような記事になるとどうしてもケースに貼っているラベルが写る機会が増えるので
ちょっとでも綺麗な方が良いかなぁと思って、印刷しなおしましたw

別窓 Mesotopus tarandus コメント:12 トラックバック:0 top↑
喜んでいいの?
2007-08-07 Tue 21:35

皆さん、こんちゃ^^

今日は更新しないと思って、油断してたでしょ~驚いたでしょ~

更新したσ^^が一番驚いてます(爆

昨日お伝えしたタラちゃんですが、やはり皆さんのところで実績の高いハ○パーな材を投入し
常時26℃設定で完全管理している職場に産卵セットを組みました。

やはり職場はいいね(爆

本日、出社し一番にしたことといえば、勿論タラちゃんが穿孔したかのチェックw

GORA4603.jpg 穿孔してました(´0ノ`*)オーホッホッホ!!

 まだ、吹き抜け工事はしてない様子。。。
 耳を澄ますと、カリカリ削ってる音が聞こえます。
 何と、心地いい響きなんでしょ^^

 注)職場ですw


このまま、出てこないことを祈るばかりです(人)

そして、もう1セットのタラちゃんですが、こちらは未だお散歩中です(_ _|||)。。。

あんなに再ペアリングを拒んだくせに穿孔もしないなんてヽ(`Д´)ノムキー

GORA4605.jpg 産卵材を立ててセットしてたら、蓋によじ登りガシガシ
 してばっかりだったので、寝かせてセットしました。

 すると、微妙に齧った痕!

 でも穿孔した訳ではないので喜んでもいられません。



明日から♂(83mm)も職場で飼育し、様子を見て再度ペアリングを試したいと思います^^

さぁ、明日から忙しくなるぞぉーヾ(-_-;) オイオイ

別窓 Mesotopus tarandus コメント:20 トラックバック:0 top↑
地獄の日々から。。。
2007-08-06 Mon 17:41
お・ひ・さ~♪

最後の更新が10日くらい前とかなり空いてしまいましたね^^;

まぁ、それもこれもσ^^の職種のなせる業w
σ^^の職種を知ってる人は、ネットで検索すると過酷さが分かりますよん(笑

そんなこんなで、皆さんのブログもほぼ訪問できない状態でした(ゴメンナサイ
ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

これから挽回しますので、今まで同様遊んでやってください^^;

蟲達も、この10日間で。。。

GORA4560.jpg   GORA4567.jpg
GORA4141.jpg   GORA4580.jpg
と、まぁいろいろありましたが、こちらは追々紹介していこうと思います^^

今日の話題は誰が何と言おうと、これでしょう!

GORA4552.jpg 7月28日に穿孔したタラ姫のその後ですよね^^

 その後、数日が経過しても削り粕が全く増えず
 心配になり、ケースを覗きこんだんですよ。

 すると。。。




「まぁ、奥様のお家って吹き抜けがとってもオシャレですこと」

「あら、そうなのよ。風通しもいいし、快適ですわよ」

「おっほっほっほぉ」×2



ま゛ Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン



ものの見事にやられました(_ _|||)

もう1頭(52mm)はケースの端をカシガシ。。。蓋をガシガシ。。。
肝心のカワラ材には見向きもしません(▽|||)

掛りが悪かったかな?と思い、♂83mm投入!

すると。。。

♀52mm猛ダッシュで逃げまくり、♂追いまくりΣ( ̄ロ ̄lll) ヤッ、ヤパイ
その内、♂は興奮度120%MAX状態で、顎なんかブルンブルンしちゃうし。。。

こんな状況じゃ、暫く同居させようかなぁなんて悠長なことは考えてられません^^;
結局、♀が産卵モードに入ってるんじゃないかということで、再ペアリング中断。

昨日届いた産卵材で新たな産卵セットを組みました。

しかし。。。

噂には聞いていたが、こんなに苦戦するなんて思ってなかったよ。。。

別窓 Mesotopus tarandus コメント:8 トラックバック:0 top↑
 オヤジが嵌ってナニが悪い 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。