スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
乾燥対策
2006-11-30 Thu 21:16

初雪ではありませんが、今日は朝から小雪がちらほらと...

天気予報をみても、雪だるまの絵をだいぶ見かけるようになりました。皆さんも風邪など引かれ

ないよう、暖かくしてお過ごしください^^



穿孔してから1週間あまりで出てきたローゼン姫。

ローゼンの産卵セットは、乾燥気味のほうがいい結果に繋がるということで、特大プラケース内

が蒸れないように気を使っていました。

でも、レイシ材も乾燥のためか亀裂が生じ、産んだかもしれない卵にまで影響がでてしまうので

はないかと心配(_ _;)

そこで、ある程度の湿度を保つため、マットで産卵木を埋め込むことにしました。

マットは、ごくごく普通の微粒子マットを加水無しでそのまま使用。他にプラケースと蓋の間に新

聞紙を挟み湿度を調整します。

  

この方法だと、産卵木の水分蒸発も埋め込みマットから出ている部分からになり、ただ産卵木を

転がした産卵セットより水分蒸発を抑える効果が期待されます。

最初からこの方法にしとけばよかったなぁ(__|||)

とりあえず、このまましばらく様子を見てみようと思います。

スポンサーサイト
別窓 Allotopus rosenbergi コメント:0 トラックバック:0 top↑
ご対面^^
2006-11-29 Wed 21:16
 MT-06008 Mesotopus tarandus
 アフリカ コンゴ産 ♀ 47mm
 蛹化:2006/10/16 羽化:2006/11/17
 F2(♂:70mm WF1×♀:48mm WF1)






羽化して10日以上経過し、そろそろ掘り出そうかなぁと思ってた、タラ姫。

菌糸ビンを覗いて、様子を伺おうとしたら...





蛹室の中、カラッポ!?

エッ、ドコイッタ?
(゚Д゚≡゚Д゚)


よく見ると、蛹室の底を掘って潜ってましたorz...

まあ、そのぐらい元気ならばと、掘り出しを決行!ピカピカのお体に傷をつけてはいけないと

ニョロ同様、カワラを慎重に掘り進めてようやくご対面(*^_^*)



感動...O(≧▽≦)O




オウゴンに比べると、顎がストレートな感じで、全体的に丸みを帯びているって印象。

サイズ的には47mmと、まずまずですが、完品で出てきてくれたことの方がとてもうれしい。

早く♂も羽化してこないかなぁ(笑)
別窓 Mesotopus tarandus コメント:0 トラックバック:0 top↑
1ラウンド終了?
2006-11-28 Tue 20:51

会社から帰宅し、穿孔中の産卵セットを覗いてみ

ると姫様は、お散歩中でした。

穿孔してから約1週間。はたして産んでくれている

のでしょうか。


とりあえず、折角お外に出てきたんだから、ついでに体重測定でもしましょうか?っていうことで、

購入してから、今回初めて実践投入されたアイテム「デジタルはかり」です(笑)

ようやく、こいつも日の目を見ることが出来ました(´Д⊂ヽ

産卵セットに投入時は、5.8gだったので、-0.2gの

ダイエットに成功です。






穿孔前にゼリー半分くらい食べてたせいもあり、なんか微妙な数値で、ホントに産卵してくれた

か非常に気になります。

砂埋レイシ材も乾燥のためか、所々から亀裂が...

もし産んでいるなら、乾燥で卵が縮んでしまうかもしれないし、産んでなかったら再度穿孔の可

能性だってあるし、非常に悩んでしまいます。

もしよかったら、誰かアドバイスしてください<(_ _)>

別窓 Allotopus rosenbergi コメント:2 トラックバック:0 top↑
続々タラ蛹化中
2006-11-27 Mon 20:24

 MT-06007
 2006/05/28( 孵化) コンゴ産
 2006/07/17 PP1400ccに交換
 2006/09/07 ガラス1.9Lに交換(大夢K) 26g
 2006/10/06 ガラス1.9Lに交換(大夢K) 33g
 2006/11/27 蛹化(♂)





 MT-06012
 2006/06/03( 割り出し) コンゴ産
 2006/07/17 PP1400ccに交換
 2006/09/28 ガラス1.9Lに交換(大夢K) 30g
 2006/11/27 蛹化(♂)






深夜から今日の未明にかけて蛹化したと思われるタラニョロです。

1匹は蛹室をビン底につくっていたので、菌糸ビンを逆さにしてました。どうやら無事に蛹化してく

れたようです(^。^;)

蛹の体重を量ってないので、あくまで見た目だけの推測ですが、今まで蛹化した♂の中で、MT-

06007が蛹長、顎幅ともに一番大きくて太く見えます。

それでも、目標の80mmには程遠く、まだ蛹化していないタラニョロに最後の望みを託していま

す。ホントは無事に羽化してくれるのが1番ですけど...

やっぱり、80mmUPの希望は、最後まであきらめては、いけませんよね。

別窓 Mesotopus tarandus コメント:0 トラックバック:0 top↑
今年最後のマット交換
2006-11-25 Sat 21:06
久しぶりに朝からイイ天気(^-^)

そこで、国産カブニョロのマット(腐葉土)の交換を

することにしました。




国産カブニョロは、屋外ベランダ飼育のため、雨が降ったり、寒かったりすると、マット(腐葉土)

交換が意外と億劫だったりするんですよ。

でも、今日マットの状態を確認したら...





糞だらけ(゚□゚;ノ)ノ





これじゃさすがに交換してあげなくては(^_^;)



今日は天気がイイといっても、結構寒い!こんな中、衣装ケースの移動はかなり腰にくる。

そこで、衣装ケースの半分くらいの大きさのプラケースに変更!

狭いベランダで作業するには、ちょうどいいかも!でも、カブニョロ180匹だと18ケース必要に

なる計算( ▽|||)

さすがにコレはきついので、1/3だけケースを変更することに...

マット(腐葉土)を篩いにかけて、糞を取り除き、タラニョロ&ローゼンニョロで使用したカワラ菌

糸を混ぜ×2して、不足分を新しいマット(腐葉土)で補ってニョロ投入。

やっぱり、気温が低いためニョロの動きがとても鈍く、なかなかマットに潜っていかないので、穴

掘って強制的に埋めちゃいました(爆)



結局1日かかって、やっと終了(;´o`)=3


もうニョロたちに会うのも来年の5月~6月くらいだと思います。

今年の厳しい冬を乗り切って、来年も元気な顔を見せてくれよ(^_-)☆
別窓 Trypoxylus dichotomus septentrionalis コメント:0 トラックバック:0 top↑
激写!蛹化連続写真
2006-11-24 Fri 21:12
何度か、蛹化の写真をUPしましたが、肝心の頭の部分が取れてない_| ̄|○ il||li

なんとか、蛹化の瞬間の臨場感を、拙いブログを読んでくれてる皆さんと共有できないものかと

蛹化のタイミングを狙っていたら...



キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



蛹化が間近なニョロの特徴は、全体的にクリーム色で、体の断面が円じゃなく楕円な感じ。

そして仰向けのまま微動だにしなかったのに、なぜか腹筋を始める。

こうなったら、蛹化のサイン(^_-)-☆







どぉ、つたわった?

頭?顔?ってこんな感じで割れちゃうんですよ。あとは、クネクネ・ノビノビを繰り返して、器用に

ニョロスーツを脱いでいきます。

あとは、半日から1日掛けて体液?が全体にまわり、ツヤツヤ・パンパンな蛹となるわけです。



羽化まで約1ヶ月。



今度は、羽化の連続写真もカメラに収めたいなぁ。
別窓 Mesotopus tarandus コメント:0 トラックバック:0 top↑
強制!菌糸ビン交換
2006-11-23 Thu 21:23

タイトルついちゃってるからバレ×2ですが...

どうしても体重測定したくって、菌糸ビン交換してしまいました(爆)

ただ、菌糸の状態もかなり良くなかったのも事実で、交換のタイミングとしてはどうかな?と迷っ

てたんです(涙)

そんなわけで、温度帯を23℃前後まで上げて蛹化を促してたんですけど、なかなか蛹室をつく

る気配がないので、昨晩の菌糸ビン交換となったわけです。

で、気になる結果は...




PDR_0810.jpg MT-06001  WD46♀  35g → 39g

 MT-06003  WD46♀  33g → 35g

 MT-06005  WD46♀  29g → 27g







惜しい!( ■ ;)



40gまで、あと1g足りなかった...

1匹だけ体重が減少しているニョロがいますが、触った感触から前蛹の準備してたんじゃね?

って思えるような感じだったので、とりあえず減少してても気にはなりません(汗)

だだ、やっぱり40gを期待してただけに、こちらのショックのほうが大きい。

そこで、39gと35gのタラニョロは...





引っ張ります(゜皿゜メ) 40g超えるまで蛹になることは許さん(怒)





カワラ菌糸も、固詰めにして2ヶ月近く熟成させて菌糸を回したビンを使用し、温度帯も以前の

20℃前後の特別室へ移動です。

体重が減少したタラニョロは、前蛹間近と思われるので、23℃前後の飼育室でこのまま管理し

ていきます。

そして、今日のタラニョロ(39g)のご様子。

PDR_0813.jpg
新鮮なカワラが気に入ったのか、人目もはばからず見事な食いっぷりです(笑)

このまま順調に体重乗っかって、80mmUPの個体を拝ましてくれぇ~

別窓 Mesotopus tarandus コメント:0 トラックバック:0 top↑
5匹目が蛹化(^ ^)v
2006-11-22 Wed 21:07
PDR_0808.jpg MT-06006
 2006/06/15( 孵化) コンゴ産
 2006/07/03 PP1100ccに交換
 2006/09/02 ガラス1.9Lに交換(大夢K) 14g
 2006/10/21 PP2000ccに交換(大夢K) 26g
 2006/11/22 蛹化(♀)





PP容器なので、タラ姫の写真うつりがよろしくないけど、とりあえず蛹化しました(^○^)

これで...

羽化(♀1) 蛹(♂1・♀3) 前蛹(4) フリーター(3)

フリーターやってるタラニョロの菌糸が、結構劣化してきてるから捨てビンになるかもしれないけ

ど交換しようかな(悩)

このタラニョロたち、10/10の体重測定では29g、32g35gと期待の大型ニョロなので、この1ヶ

月で、痩せたのか?増えたのか?非常に気になるところ。

こうやって書いてるうちに、たぶん菌糸ビンの交換やっちゃうかも...

いやっ!





多分じゃなく...





絶対やってる(爆)
別窓 Mesotopus tarandus コメント:0 トラックバック:0 top↑
経過報告
2006-11-21 Tue 21:21

昨日穿孔したローゼン姫ですが、産卵か休息なのかわかりませんが、どうやら落ち着いてくれ

たようです(^○^)
PDR_0793.jpg
ただ、レイシ材になにやら緑色のものが...



カビ!!(゚□゚;ノ)ノ



とりあえず、プラケースに挟んである新聞紙を取り除いて様子を見ようと思います_| ̄|○

卵での割り出しは非常に心配なんで、どうかこのまま納まってくれればいいんですけど...

ダメだったら...






乾燥剤の大量投入です(爆)





そして、JAWA,Citorek(Tjitorek)産 ♂66.0mm が、残念ながら☆になってしまいました(涙)

PDR_0803.jpg
展足しながら、あらためてマジ×2と眺めてしまいました。

ホント、惚れ惚れするフォルムですよね(^_-)-☆

必ず、子孫はとっちゃるからな!

別窓 Allotopus rosenbergi コメント:0 トラックバック:0 top↑
改・産卵セット
2006-11-20 Mon 20:43

産卵木が大きく、大プラケースに入らなかったため、仕方なく特大プラケースに産卵セットを組

んだのですが、広くて環境がいいのか、なかなか穿孔してくれない(涙)

そこで、特大プラケースに仕切りをつくり、産卵木を2本入れて、2セット組むことにしてみました。

セットは、前回とまったく変わりないが、穿孔しやすいように誘導穴を開けて、その前に♀を置い

てみる。

PDR_0789.jpg
こんな感じ。

写真左側の♀は、即時穿孔(^ ^) すぐに出てこなきゃいいんだけど...

右側の♀は、ウロウロして穿孔する気配なし( ̄_ ̄|||) ♂でも同居させてみようかなぁ。

これでダメだったら、違う産卵材も試してみようかなあと考えております。

ちなみに、産卵セットケース内は、温度25℃・湿度60%を目安に温室内を調整しています。

ローゼン姫、ご機嫌いかがかな?

別窓 Allotopus rosenbergi コメント:0 トラックバック:0 top↑
今日も、うれしい知らせが...
2006-11-18 Sat 21:03

最近、蛹化だ!羽化だ!などと、タラニョロばかりにうつつを抜かしていたんです。

ぶっちゃけた話...



実はタラニョロも、ローゼンニョロも同じ場所で管理してるんだけど、菌糸ビンにはカバーが掛け

てあって、様子を見るため明るくしても、すべての菌糸ビンに光が当たるわけでなく、見たいと思

う菌糸ビンのカバーをはずして様子を確認してるんです。

明るい環境が、ニョロのストレスにならないための配慮です。

だので、タラニョロの前蛹・蛹化ラッシュで、そちらに菌糸ビンばかり気になって、ここ何日間は、

ローゼンニョロのカバーを開けることが無かったんです。

でね、少しタラニョロのほうも落ち着いてきたので「どうかなぁ?」って、ローゼンニョロの菌糸ビン

も覗いてみたんです。


そしたら...






PDR_0779.jpg ARO-06004  46mm WD♀

 2006/06/15 割出
 2006/07/03 1100cc (きのこの山)
 2006/09/02 1900cc (大夢K)
 2006/10/03 1900cc (大夢K)





蛹化してた(爆)





しかも、たった今蛹化が完了したようなご様子。



見逃した il||li _| ̄|○ il||li



この様子だと蛹長は確認できませんが、♀であることだけは確認できました。

今後は、菌糸ビンを覗く機会が増えそうです(爆)

別窓 Allotopus rosenbergi コメント:0 トラックバック:0 top↑
羽化第1号(^_^)v
2006-11-17 Fri 21:31

10月16日に蛹化して、はや1ヶ月...

どんなに、どんなに、この日を待ち望んでいたことか。

そりゃねぇ、毎日×2 菌糸ビンの中の蛹を覗き込んでれば、タラちゃんだって恥ずかしくて、なか

なか羽化できねぇよ(笑)



そんな訳で、タイトルどおり...





\(*^▽^)/*【祝!羽化第1号】*\(^▽^*)/




PDR_0775.jpgPDR_0769.jpg

菌糸ビン覗いたときには、既に半分以上脱ぎ×2 していたんだけど、それでも羽化の瞬間に立ち

会えて、ホント感激。


思えば、今年の5月に衝動買いから始まったタラニョロ飼育...

「カワラ」ってナニ?で幕を開けた、タラニョロ劇場。初めてブロック菌糸を購入して、詰め×2 に

挑戦したし、100円ショップに行って商品見てると、自然に飼育道具に見えてきたり、夏場の温

度管理にクーラーつけっぱなしで電気代にビックリしたりと、いろんな意味で勉強になった。

その第一幕を終えたって感じかな。

もしかすると、終わりじゃなくて、これが「飼育者」としての始まりなのかもしれない...

まあ、そんな感慨に耽ってないで、残り11匹!立派に羽化させるぞーp(#^▽゚)q

別窓 Mesotopus tarandus コメント:0 トラックバック:0 top↑
本格的産卵セット
2006-11-16 Thu 21:10

レイシ材が届き、本格的にブリード着手です。

レイシ材は砂埋めで、加水は樹皮を剥かずに5分ほど加水しました。加水した材は、一晩ほど陰

干し薄く敷いた無加水のマットの上に置きました。

PDR_0762.jpg 産卵セットの様子です。プラケースの中に温湿計

 を設置して温度と湿度を管理したいと思います。

 まあ、管理できるほどの技術はないけどね(笑)





それでも、湿度には気を使わないと、せっかく産卵してもカビにやられちゃうから温湿計はあった

ほう何かと便利だと思いますよ。

ところで、レイシ材が届くまでのつなぎとしてカワラ菌糸ビンを使った産卵セットを組んだのどうし

たかっていうと...

1セット目の♀はまったく穿孔せず、プラケース内をうろうろ。

2セット目は、穿孔して「おっ!いい感じじゃん」って思ったのもつかの間、半日で出てきてしまい

グッタリしたご様子ヽ(;゚〇゚)ノ

産卵をセットを解除して、休養していただくことにしました(涙)

ということで、今回産卵セットに投入した♀は、1セット目の♀を再ペアリング後、♀のみ投入しま

した。

ローゼン姫さま、どうか穿孔して爆産してください。m(>_<*)オネガイ

別窓 Allotopus rosenbergi コメント:2 トラックバック:0 top↑
タラニョロ蛹化~♂編~
2006-11-15 Wed 23:37

「なにげに」っていうか「ボーッ」と、タラニョロの菌糸ビンを眺めてたんですよ。

そしたらね、始まったんですよ!

エッ?ナニが始まったかって?






蛹化(♂)!!


前回、写真がうまく撮れなかったので、今度こそはと思いシャッター切ったんですよ。

しかも、

フォーカスをオートにすると、ガラス瓶でうまくピントが合わず...

「ピッピッ!ピッピッ!ピッピッ!」 翻訳:無理だって、合わねぇって、ダメだって言ってんべ(怒)

カメラに怒鳴られる始末(_ _|||)

あたふたと、フォーカスをマニュアルに切り替えて、画面を覗き込む...





もう、顔出てるじゃん_| ̄|○


PDR_0730.jpgPDR_0731.jpg

PDR_0732.jpgPDR_0737.jpg

でも、どうです?

なんとなく雰囲気は伝わったでしょうか。

顎もなんか短そうだし、オデコも凹んでるし、どうなんだろうって思ってたんですよ。

初めての♂の蛹化だったから...





PDR_0750.jpgPDR_0752.jpg
それが、1日経つとご覧の通りに。

クリーム色からアメ色に変化し、オデコの凹みも消え、ムチムチのパンパンって感じになってま

した(;^∇^)=3

蛹長は60mmくらいでしょうか、ちょっと小ぶりですね。

それでも初♂なんで、なんとか無事に羽化してほしいものです。

別窓 Mesotopus tarandus コメント:0 トラックバック:0 top↑
ひきこもりニョロの結末は?
2006-11-14 Tue 21:14

先日ちょこっとだけ紹介した、ひきこもりのタラニョロちゃん。

あれから、気になって×2...





夜も眠れません(嘘)





そんな訳で、一度気になったら、どうしても覗いてみたいのが心情ってもんでしょ。

で、早速暴いてみることにしました。

菌糸ビンのふたを開けると...



クサッ(゚Д゚;)



強烈なカビ臭が鼻を刺激しまくり千代子です。(注:このコメントには触れないでください)

はたしてタラニョロちゃんは、無事なんでしょうか?

慎重に掘り進んでいきます。



ホジホジ・・・



サクッ・・・



ホジホジ・・・



ヽ(゚ロ゚;)ノ

PDR_0709.jpg なんと!蛹になってるじゃありませんか。

 それも蛹になってから日が経ってるような感じ。

 どうしよう...(ノ゚◇゚)ノ あわわ 




とりあえず...





記念撮影っと(爆)


記念撮影も終わり、ひきこもりニョロの無事も確認したけど、このままじゃちょっとかわいそうな

ので、人工蛹室にお引越しです(^-^)v

PDR_0715.jpg いい感じじゃなぁい?

 他のHPやblogでよくこういうの見るよぉ(感激)






ほんとは、自分のつくった人工蛹室を使ってみたかっただけっだたりして(汗)

別窓 Mesotopus tarandus コメント:0 トラックバック:0 top↑
産卵セット始動
2006-11-13 Mon 23:52
PDR_0720.jpgPDR_0722.jpg

昨日のショックを引きずってはいけないと、今日は砂埋めレイシ材が届くまでの繋ぎとして、タラ

ニョロ用に詰めてあったカワラ菌糸ビンをセットしてみました。

このカワラ菌糸ビンは、詰めてから1ヶ月以上経過したチョイ固詰め菌糸ビンです。

産卵セットは、とてもシンプル!

大プラケースに、加水を一切しない水苔を敷き、その上に誘導口を開けた菌糸ビンをセット。あと

は、転倒防止用に樹皮とタンパクゼリーを置いて出来上がり。

誘導口の前に♀を置くと、早速穿孔開始(^▽^)





やる気満々じゃないですか





PDR_0728.jpg ちょっと画像が暗めですが、どうです?

 こんもりと削りカス出てるのがわかりますか?








もうひとつの産卵セットの♀は、入口付近をウロウロして、なかなか穿孔してくれません(T_T)

やっぱり好き嫌いが激しいのでしょうか?

なんとかどちらも穿孔して、爆産してほしいですね(^_-)-☆
別窓 Allotopus rosenbergi コメント:0 トラックバック:0 top↑
ショーック!!
2006-11-12 Sun 19:35

PDR_0704.jpgPDR_0706.jpg
Jawa島 Citorek(Tjitorek)産 ♀50.0mm

大変残念ですが、産卵セットに移すことなく☆になってしまいました(T_T;)

やはり、WD(現地飼育品)はタイミングがむずかしい。

半月ほどペアリング期間を設定していたけど、ちょっと考え直すとするか。

とりあえず、明日にでもレイシ材を注文して、届くまでカワラ菌糸ビンを試してみようかなぁ。

ショックが大きいため、今日はこの辺で失礼します<(_ _)>

別窓 Allotopus rosenbergi コメント:2 トラックバック:0 top↑
さぁ!2セット目開始
2006-11-11 Sat 23:44
PDR_0695.jpg Jawa島 Citorek(Tjitorek)産

 ♂63.0mm ♀49.0mm






さあ、2ペア目のペアリングセットです。

今回は、自作エサ皿で愛の語らいをしてもらいましょう。

このエサ皿は、作業時間5分くらいで作成したものです。機会があればご紹介しますね(^_-)☆

それでは、1セット目と同様に、おせっかいおばさんは退散しま...





PDR_0701.jpg



  ・・・(゚◇゚;)




これまた、はやっ!

まあ、とりあえずペアリングは成功ですね(^_-)☆

これから半月ぐらい、この調子で仲良く過ごしてちょうだいね。
別窓 Allotopus rosenbergi コメント:2 トラックバック:0 top↑
ありゃりゃ
2006-11-10 Fri 19:19
PDR_0684.jpg 菌糸ビンを交換して2ヶ月が経ち、久々にご様子を

 伺ったインドアンテのニョロちゃん。

 ???。

 もしもし?なんか蛹室に見えるんだけど...


でも...ちっちぇ(_ _|||)

温度も20℃前後で管理してたし、なるべく刺激しないようにって暗いところに放置同然にしてたの

になぁ。

見たところ、よくて20g前後って感じで体長50mmってとこかなぁ...





て2ヶ月前のまんまじゃん(爆)





なんか蛹室こさえようとしてる怪しいのもう1匹いるし...

でもね、

2ヶ月前の体重測定のとき、44gってニョロがいたから、大型はこちらに期待しよっかな?



はぁ(*´o`)=з



なかなか思うようにいかないねぇ。

まぁ、だからこそ「次こそは!」っていう気持ちにさせられるんだけどね(^_-)☆
別窓 Dorcus antaeus In コメント:2 トラックバック:0 top↑
うちの有望カブ
2006-11-08 Wed 21:11

有望「カブ」といっても、カブトムシではなく「タラニョロ」のお話です。

現在、うちには「タラニョロ」が12ニョロおります。

内訳は、蛹(2)、前蛹(2)、蛹室職人(3)、ニート(4)、ひきこもり(1)となっております。

蛹と前蛹は♀確定で、蛹室職人は♂と♀の区別が微妙です。

ひきこもり君?ひきこもりちゃん?に関しては、まったく外から状況が分かりません(_ _|||)

「親の心、子知らず」とは、まさにこのことです。

完全に外界との接触を拒絶しています。





テンテケテンテン、テケテケテンテン

蛹かぁ羽化してると暴いてみてみたらぁ~お★になっておりましたぁ~


チックショー(゚皿゚メ) by小梅太夫





ってことがないように、せめて安否だけでも知らせて欲しいのですが...

こちらに関しては、後日あらためてご報告します<(_ _)>

さて、残るニート(4ニョロ)ですが、蛹室も作らず、いまだカワラ菌糸を食すだけの毎日を送って

います。

まあどのニョロも30gはオーバーしてそうなので、40g台を目指して少しでも大きくなるんだった

ら、ニート生活も我慢しようじゃありませんか(爆)

その中で、今もっとも期待しているニートニョロが、こちら。
PDR_0659.jpg
かなり親バカなコメントですが、画像で見るより実物は、結構でかい。

もうね、40gオーバーしてるんじゃないかってくらいの太さです(^〇^*)

飼育1年目にして80mmオーバーの期待が膨らみます。




「親はなくとも子は育つ」il||li _| ̄|○ il||li

別窓 Mesotopus tarandus コメント:2 トラックバック:0 top↑
相性はバツグン!?
2006-11-07 Tue 21:15
既に後食をはじめちゃってる、JAWA,Citorek(Tjitorek)産 ♂66.0mm ♀50.0mmを産卵セット

投入前にペアリングのため同居生活を営んでもらいましょう。

約半月の期間、きっと楽しい新婚生活になるであろう新居は、プラケース中に保湿用として湿ら

せた水苔を敷き、その上から転倒防止材として園芸用に販売している鉢の底に敷く網(プラスチ

ック)をかぶせます。

あとは、エサ皿と高タンパクゼリーをセットして完成です。

意外とあっさりしたものです...

ホントは、2~3日前から♂のみペアリングルームに投入し、落ち着いたところを見計らって♀を

投入するのが良いらしいのですが、なにせ、ローゼン様のブリードは初めてなので...





俺が、落ち着きません(爆)



ということで、早速お見合いしていただきましょう(^_-)-☆


さあ、果たしてうまくカップル誕生となるのでしょうか?

そりゃもう、仲人気分ですよ。ていうか近所の世話好きオバサンの気分ですよ。

とりあえず、エサ皿をはさんで両端にローゼン君(♂)とローゼンちゃん(♀)を投入しました。



10分後...



GORA39:「じゃあ、後は若い二人でっ...」








PDR_0671.jpg
 ローゼン君:「いつまで見てんだテメー(-_-メ)」


 GORA39:「スッ、スミマセン(T T)...」








早っ!





既にメイトガード状態に突入。ラブラブモード全開です(/o\) いやん!

相性はバッチリのようなので、とりあえず一安心ですε-(´。`;)ホッ
別窓 Allotopus rosenbergi コメント:2 トラックバック:0 top↑
興奮度120%
2006-11-06 Mon 20:46

毎日、毎日菌糸ビン越しにタラニョロちゃんをチェックしてるわけで...

タラニョロ:「お前、ホント毎日覗いて飽きねぇかぁ(´o`;)」

なんて声が聞こえてきそう。

でもね、

今日、見ちゃったんです!




生・着・替・え




そう、あのビートたけしのスーパージョッキー伝説のコーナー「熱湯CM」のあれですよ、あれ!

熱湯風呂に入ってた時間がコマーシャルタイムになるという...

しかも、ルーレットで入る人を決めちゃうっていう...

でも、かわいい娘なら、ほぼ100%の確率でその娘が生着替えっていう...





っておバカ!





タラ娘ですよ!タラ娘!

10/23に蛹室つくって前蛹だったタラ娘ちゃん。

今日はどうかなぁって覗いたら...

ニョロコスチュームを、脱ぎ脱ぎしてらっしゃるじゃありませんか(驚)

もうね、興奮するっていうか神秘的゚+.゚(´▽`)゚.+゚。.
PDR_0666.jpg
これが、脱ぎ終わった直後のご様子。

すごく透き通った白に限りなく近いクリーム色をしていました。

ちなみち、こちらは蛹化して約3週間のタラ娘ちゃんのご様子。
PDR_0667.jpg
だいぶ茶色くなってきました。

羽化まで、あと1週間くらいでしょうか?とても待ち遠しいです。

できることなら羽化の瞬間も見てみたいなぁ...

別窓 Mesotopus tarandus コメント:2 トラックバック:0 top↑
ちょっとセレブな気分
2006-11-05 Sun 22:24
今日は、久し振りにお父さんお母さんが、子供たちに見直してもらえる絶好のチャンス日和。

その名は...


PTAバレーボール大会!


ひねりのないネーミングでスミマセン<(_ _)>

さて、俺っちもようやく筋肉痛が治まり、できるオヤジ風味を醸しだしてアピールしたいところ。



が、



鼻水ダダ漏れ( ̄ii ̄)ダラァー...



風邪、完治してませんでした...

でもそれじゃぁ、ただの鼻水オヤジじゃないですか。

やっぱり、なにかでアピールしたいわけですよ。

そこで...




photo999.jpg キティちゃんの鼻セレブBOXティッシュ(by LAWSON)






これですよ、これ!

もうね、いくら鼻をかんでも鼻が赤くならないし、ガサガサしないし、セレブな奥様方の必需品な

わけですよ。

一箱260円(税込み)もするティッシュを、これでもかっていうぐらい使いまくるわけですよ。

「使うのもったいないなぁ」なぁんて言わずに、豪快に鼻かみまくるわけですよ。

それでこそ、セレブアピールタイムなわけですよ。

でもね、

鼻かみすぎて頭ボーッとします・・・(゚ρ゚*)・・・

鼻かみすぎて耳キーンてします・・・(゚ρ゚*)・・・





アピールタイム終了 il||li _| ̄|○ il||li



結局、試合はというと...

12チーム中3位!

同じチームのシロウトお父さん達に助けられたり、励まされたりの現役オヤジ(GORA39)。

俺っちがしなきゃいけなかったのにゴメンネ...

来年は、きっとがんばるからね
別窓 memo randum コメント:0 トラックバック:0 top↑
腐葉土の交換のはずが...
2006-11-03 Fri 21:09

PDR_0630.jpgPDR_0651.jpg

PDR_0637.jpgPDR_0638.jpg

エー、タイトルにもあるように本日は国産カブニョロの今年最後の腐葉土交換を衣装ケース6箱

分行う予定でしたが...

風邪のため断念( ̄・・ ̄)フガ…( ̄^^ ̄)ズルッ…( ̄ii ̄)ダラァー...

午前中は布団に潜りっぱなし。

鼻水ダダ漏れ!いや漏れまくり!違うナニかも漏れまくり!

まったく、鼻いくらかんでもかんでも漏れまくり!いったいお前らはどこから製造されてるんだ。

ハッ!もしかして脳溶けてんのか?やっぱりそうなんだな?

なんて妄想に悩まされながら、鼻水漏れまくり!

午後になって、幾分症状も和らぎ、娘にせがまれ近くのショッピングセンターに繰り出す。

人混みと暖房のおかげで風邪の症状悪化(((。o・))))

早々に帰宅...





の予定が、途中寄り道( ▽|||)ドウシヨウモネエナ

白鳥の飛来地としても有名(地元限定)な川があり、白鳥さんも来てるご様子。

思いつきでむかちゃった(〃▽〃)


おーっ、いるいる。


娘もご満悦のご様子。

拙いデジカメ操作で「パシャ!パシャ!」。「パシャ!パシャ!」。



ん?



鼻水ダダ漏れ( ̄ii ̄)ダラァー...




悪化した( ̄_ ̄|||)




結局、ドラッグストアにも寄り道し、風邪薬を購入_| ̄|○

別窓 memo randum コメント:0 トラックバック:0 top↑
神様降臨!
2006-11-02 Thu 21:04

先日、思いがけなく落札しちゃったローゼン様。

でもね...

心配じゃね?1pr だけでブリードって...

1球入魂って言うか、いやむしろ、星飛雄馬が壁の穴通して外の木に当てて、跳ね返った球が

また壁の穴通るキャッチボールより難しくね。いやむしろ、川上監督に、壁の穴からボールを打

ち返された球を、一徹が身を翻し見事にキャッチするより難しくね。

それでね...

「ポチ、ポチッ」とね...しちゃったらね...







「おめでとうございます!!あなたが落札者に決定いたしました...」

「おめでとうございます!!あなたが落札者に決定いたしました...」






(゚д゚;)エッ!?



ISP(インターネットサービスプロバイダ)さん?

なんか、メールダブってるみたいですけど?

メールサーバ異常ない?

だいじょうぶ?




そうですか...




今回も例に漏れず、結構低めの落札金額を設定しちゃってたわけで...

期待薄っ!かなり薄っ!となりのオヤジの頭より薄っ!!な感じだったわけで...

ある意味、複数件入札しちゃってたわけで...



゚+.゚(´▽`)゚.+゚。.ありがとう!



そんなわけで、昨日からこんなドシロウトの住人になった奇特なローゼン様をご紹介(^_-)☆


PDR_00616.jpgPDR_00629.jpg

JAWA,Citorek(Tjitorek)産 ♂63.0mm ♀49.0mm

PDR_00611.jpgPDR_00621.jpg

JAWA,Citorek(Tjitorek)産 ♂66.0mm ♀50.0mm


ウワサの黄金色をはじめて見て、GORA39感激(*^ー゚)b!(ハ○ス バーモントカレー調)

後食も開始してるみたいで、ゼリーがっつきまくり(゚ロ゚;)

そろそろ産卵セット注文しなくちゃ。

別窓 Allotopus rosenbergi コメント:0 トラックバック:0 top↑
生息地の考察
2006-11-01 Wed 21:04

ローゼンオウゴンオニのブリードを何とか成功させたくて、密かに...いや、むしろ大胆に...

大雑把に考察したいと思います。

jawa1.jpg

ローゼンオウゴンオニの生息地とされるジャワ島は、 熱帯季節風気候に属し、雨季(11~3月)

と乾季(4~10月)が明瞭で、東部ほど雨量は少ないとされています。

生息地(ブリード個体含む)は、西ジャワ地区の、Mt.SalakやCitorek(Tjitorek)ということなので、

とりわけ降雨量の多い地域に属します。

ジャワ島の年間平均気温は26.1℃(最低)~31.2℃(最高)、湿度70~90%、降水量は雨季で数

百 mm、乾季では数十 mm となっています。

要するに...


めちゃくちゃ蒸し暑いところ(;´▽`lllA``


なんですね。

でも、Mt.salakは標高2217m、Citorek(Tjitorek)は標高710mあり、一般に100m標高が上が

ると、気温は0.6℃下がるといわれているので、平地より数段涼しく感じるし、湿度も低いの

ではないかと思います。

あくまで、一般論ですよ!(必ずしも0.6℃下がるわけではありません○┓)

ちなみに、ジャワ島の月間平均気温をみても、さほど月毎に大きく変動しませんが、降水量とな

ると話は別!

7月から9月の降水量は、25.0mm~54.0mm程度なのに、10月から6月までは、120.0mm~

340.0mmも降っちゃってます(2000-2002 農業統計センター)

雨季と乾季でこのぐらい降水量に差があるんだから、当然ながら湿度に多大な影響を及ぼして

るに違いない。

採卵するとき、加湿多過によって卵が腐ってるとか黒ずんでるとか、よくHP等で見かけますが、

もしかして、乾季時の湿度くらいに調整できればいけるんじゃね?(この場合の、材の水分量は

考えてませんorz...)


肝心の乾季の平均湿度は?


えぇ、探しました、そりゃ探しましたとも。むしろ積極的に、むしろ昼食抜くぐらいの勢いで、むしろ

トイレ漏れそうなの我慢する勢いで...いや、もしかしたら少し漏らしたかもしれない勢いで...



でもね...



探せなかった( ̄_ ̄|||)



ということで、定期的にインドネシアのお天気情報をチェックしまくり千代子(゚д゚;)エッ

(゚д゚;)エェェェ-

20061101indonesia-2.jpg
スミマセン...取り乱してしまいました<(_ _)>


でもなんで、Mt.salakとCitorek(Tjitorek)なんか調べてんのって...生体はMt.salakの1ペア

だけじゃないかって...



(∩゚д゚)アーアーきこえなーい



はーっ、今日もこんな終わり方...il||li _| ̄|○ il||li

別窓 Allotopus rosenbergi コメント:0 トラックバック:1 top↑
 オヤジが嵌ってナニが悪い 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。