スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
順調♪順調♪
2008-01-09 Wed 18:54
昨晩、ブログを書きながら何気に温室を覗いて見たところ、レギが
羽化途中だったのでブログに集中できず、面白トークも思い浮か
ばないままアップしてしまいましたw

まぁ元々すべらない話なんて無かったけどね(爆

Mesotopus Legius
カメルーン産  親種 ♂:84mm ♀:49mm
累代:CBF1 酒樽さん血統
最終交換体重:30g  蛹化日:2007.12月初旬  蛹体重:21.2g
GORA5911.jpg   GORA5918.jpg
詳細はもう少し体が固まったら報告しますが、第一印象は顎が太い!
そして、内歯の突起が2本あります。
残念ながら右顎の内歯は確認できませんでした^^;

本当は皮をとって確認したくてウズウズしたのですが、一番デリケート
な期間に触って落としちゃったりしたら一大事ですからね。

楽しみは後にとっておきまひょ♪


では予定通りの蟲ネタに戻りますw

Dorcus hopei binoduosus
産地:福岡県久留米市  割り出し日:2007.9月下旬
累代:CBF1   種親:♂77mm ♀50mm
GORA5864.jpg   GORA5866.jpg

GORA5863.jpg   GORA5868.jpg
こちらは、ジョニーさんのご好意で頂いた久留米産オオです^^

管理温度26℃・オオヒラタケ菌糸瓶(800cc)で飼育し約3ヶ月が経過
しました。
食痕もかなり伸びていましたので、新しい菌糸瓶にお引越しです。

ついでに体重測定と♂♀の判別を行いました。
判別って言ってもこれほど分かりやすいのは無いですねw

①20g ②25g ③10g ④12g (♂2:♀2)

3ヶ月で25gはイイ線いってるでしょ♪

既に低温管理している韮崎・佐賀・肝川産同様、こちらも菌糸瓶2本目
からは20℃管理で、じっくり太らせる予定です。

さぁ目論見どおりになってくれるのでしょうか?

次の交換が待ち遠しい(;´Д`)ハァハァ
スポンサーサイト
別窓 Dorcus hopei binodulosus コメント:7 トラックバック:0 top↑
こっそり更新^^;
2007-10-17 Wed 17:30
みなさん、ご無沙汰です^^;

悪夢のような激務も終わり、ようやく普段の喧騒へと戻りつつ
あります。
ただ、2週間の空白はあまりにも長かった。。。
完全に浦島太郎状態ですorz...

まぁ顔は前から玉手箱開けたような状態ですけどwww

ブログの世界から遠ざかっていましたが、これからまた更新
再開しますので、みなさんヨロシクです^^v

まだリハビリは必要だなぁ。。。

さて、そんな激務の中、陣中見舞いヨロシク!とばかりに
ジョニーさんから嬉しいお届け物がやってきました^^

GORA5250.jpg 【Dorcus hopei binoduosus
 産地:福岡県久留米市
 累代:CBF1
 種親:♂77mm ♀50mm


いや~これで我が家は有名どころが目白押しですよ^^
しかも、この久留米産はギネスラインですよ!
そんな凄いの頂いちゃっていいのでしょうか^^;

ジョニーさん、本当にありがとうございました♪

GORA5281.jpg こちらは国産オオクワ専用棚の
 様子です。
 菌糸投入してから約80日経過
 しました。


順調に食痕が伸びていますね^^
今月末辺りに体重測定を兼ねて菌糸交換をしたいと思います。
現在の飼育温度は25℃~26℃に設定しています。
菌糸を交換した90日以降は19℃~20℃設定の低温飼育部屋
に移し、じっくりと飼育する予定です。

他にもカブクワネタはあるのですが、一気に放出すると明日から
長期休暇しなくちゃいけませんので、この辺で失礼しますw

別窓 Dorcus hopei binodulosus コメント:14 トラックバック:0 top↑
地元産は。。。
2007-07-26 Thu 21:36
今日、帰宅して温室を覗いたら。。。

別のG・エアクスニョロが脱走を謀っていました(;つД`)

GORA4522.jpg 【学名】:Golofa eacus
 【和名】:ゴロファ・エアクス
 【産地】:ペルー・ワンカヨ産
 【孵化】:2007.2月中旬  【累代】:WF1
 
 さすがに2回目となると衝撃も薄いですね^^;
 なので記念にパチリ♪



こ奴もマット詰め直しです(▽|||)

今日はこんな自虐ネタで始まる筈ではなかったGORAです^^;

5月29日に産卵セットを組んだ秋田産&青森産オオクワの割り出しを先日コッソリしてい
ました。
秋田産オオはまったく産卵材を削った気配がありません。。。
一応割り出しはしましたが期待を裏切らず、結果は勿論ボウズ(_ _|||)。。。

青森産は結構削っていたので期待高まる中、割り出した結果は4ニョロ+8個の卵を割り
出す事に成功しました^^

860ccのプリンカップで管理していましたが、そろそろ菌糸に投入してもいいかなぁと思
い、プリカを暴いてみると。。。

菌糸投入可能ニョロ4頭+孵化数日?ニョロ2頭。。。
残り6個の卵は消滅していました(_ _|||)

GORA4519.jpg 【Dorcus hopei binoduosus
 青森県十和田産 F2

 う~ん、一応青森産はゲッチュしたものの肝心の
 地元秋田産のボウズはちと痛いですね^^;

 ということで、とりあえずカワラ材で再セットしてみ
 ました。


ちょっと時期的に遅いセットではありますが、なんとかニョロゲッチュしたいです^^

そんなこんなで、♀は産卵セットに逆戻り。。。
♂には引き続き独身貴族を謳歌してもらいたいと思い、改良バージョンの「うろ」でエン
ジョイしてもらいます^^

GORA4492.jpg   GORA4498.jpg
以前製作した「うろ」との違い、分かります?

GORA4491.jpg   GORA4016.jpg
そうです!16gゼリー用の穴を開けました♪

これ作るのに、丸1日掛かって3個しか出来ませんでした^^;
これはσ^^のレアアイテムになりそうな雰囲気です♪

別窓 Dorcus hopei binodulosus コメント:22 トラックバック:0 top↑
阿古谷降臨
2007-07-25 Wed 13:52
昨日、帰宅してすぐにタラ姫が穿孔していないか確認しましたが、所々樹皮は削られてたもの
の産む気満々には程遠い感じがします^^;

新しい材注文しよっと(;つД`)

その後温室内の別の棚に目を移すと、G・エアクスのニョロを飼育している瓶のタイペストシー
ルが、食い破られて「ポッカリ」穴が開いているじゃありませんか(滝汗

酸欠になってニョロ自ら空気穴を確保したのか???

とりあえず、このままじゃコバエが侵入してしまうため、急いでタイペストシールの張替えを行う
べく、瓶を手にとって見ると。。。

???

妙な違和感を覚えました。
それは、800ccの比較的小さい瓶にも拘らず、ニョロの姿が見えないのです(爆汗

慌てて瓶をひっくり返し、マットの中を確認しましたが、ニョロの姿はどこにもありませんでした。

直に温室内をよく覗いてみると、ニョロがお散歩してるじゃありませんか!?
Σ ゚ロ゚≡(   ノ)ノ エェェ!?

そりゃぁ、慌てたってもんじゃないですよ^^;
速攻で救助してマットに戻しましたが、冷静になって考えると、なんで今頃酸欠???
最近マット変えたわけじゃないし。。。

ということで、早速ネット検索^^;

すると、♂は蛹化する場所を探して激しくワンダリングすることがあります。スムーズに蛹化を
促すためには、瓶半分のマットを固詰めにしてくださいetc...

これだ!

早速、瓶半分までマットを固詰めし残り半分のマットを手で押さえる程度の固さにし、ニョロを
投入しました。

あぁ、ビックリした^^;

GORA4500.jpg こちらは、6月29日に人工蛹室へお引越しさせた、
 まんじくんさん血統の阿古谷です^^

 普段あまり刺激を与えないように覗くのを我慢してい
 たのですが、蛹化から1ヶ月ほど経過しているので、
 そろそろ羽化する頃かと思い確認したところ。。。


羽化してました♪

70mmは超えているような気がしないでもないですが^^;
固まったらきちんと計測しますね^^

GORA4506.jpg   GORA4509.jpg
ちなみに残り2頭は、未だにニョロしてます(▽|||)ドウシヨウ...


別窓 Dorcus hopei binodulosus コメント:10 トラックバック:0 top↑
そっちじゃなくて
2007-07-23 Mon 15:44
最近、飼育部屋を低温管理しているため、通常この時期なら稼動しない温室が真冬並みに
フル稼働し、温室とクーラーの電気代でマグロ船に乗せられそうな勢いのGORAです^^;

さて、昨日は職場のオオクワニョロを一斉に菌糸ビンへお引越しです。

GORA4483.jpg   GORA4488.jpg
現在の飼育管理温度は25℃です。

次の菌糸ビン交換は約3ヵ月後を予定しています。最初の3ヶ月はニョロも小さいため、温度を
高くし成長を促し、次の菌糸ビン交換以降は積算温度を考え20℃管理でじっくり太らせる予定
です。

ちなみに、このGORAオリジナル管理ラベルは、以前紹介した新作バージョンです。
カブ用もありますので、そちらも機会がありましたら紹介しますね^^

韮崎5頭・佐賀3頭・肝川4頭のお引越しも終わり、菌糸の中へ潜っていくのを確認♪

自宅に戻り、本日最大のイベント!タランドゥス産卵セットを組むぞぉーです^^

以前ローゼン用にと購入していたカワラ材が余っていたので、それを使うことにしました^^;

カワラ材を保管していた段ボール箱を開けてみると。。。

使えんのか、これ?と思うような状態に(▽|||)

しかし!漢が一度口にしたことを曲げるわけにはいきません(´Д⊂ヽ

とりあえず、これでセットして駄目なら新しいの購入することにし、タラ2セットとローゼン1セット
を組みました。

セットして30分後、タラ♀は材をガツガツし始めました♪

が、結局樹皮を削ったところで、穿孔中断。。。

やっぱり水分多いかぁーなどと思いながら、ふとローゼンのセットに目をやると。。。

穿孔しやがったw

この子に材の良し悪しは関係ないのでしょうか?既に9割程度穿孔し終えたところでした。
材が水分を多く含んでいるため、穿孔して材が削られていくと、みるみるケース内が曇って
見えなくなってしまいました(汗

このまま穿孔して出てこなければ、今回は材の状態を考慮し2週間程度で割り出したいと思い
ます。

あぁー帰宅したら、タラも穿孔してないかなぁ。。。

別窓 Dorcus hopei binodulosus コメント:16 トラックバック:0 top↑
 オヤジが嵌ってナニが悪い  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。