スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
見つかっちゃった^^;
2008-09-06 Sat 10:45

【Lamprima adolphinae】
産地:イリアンジャヤ ワメナ
累代:CBF2 羽化日:2008.7月下旬
GORA7346.jpg   GORA7349.jpg
ティッシュ人工蛹室のパプキンが羽化しました♪

前回はアップの画像だったので、人工蛹室の大きさをお伝えできませんでした(反省^^;

そこで今回はkomachiさんの疑問を解決すべく、全体像が分かるように引きの画像を用意いたしました^^

200ccプリカ1本孵しが基本なので当然ティッシュ人工蛹室も200ccプリカですw

あまり神経質に作らなくてもパプキンの様な小型種なら大丈夫だと思います。

【Mesotopus tarandus】
産地:アフリカ コンゴ
累代:WF2  羽化日:2008.6月~
親種:♂83mm(WF1)×♀52mm(WF1) 同腹個体
GORA7394.jpg   GORA7401.jpg
さぁ、ここからが今日の本題・・・

ひっそりと更新していた管理表・・・まさか発見されるとはwww

♂全8頭の80mmUPをと意気込んで望んだ飼育は、見事に1頭の80mmUPも出さないまま終了しました(涙

ただ、今回は低温飼育(15℃~20℃)で大型化するという定説と、タラレギを低温飼育しても大型化しないし顎も小さいという都市伝説を自らの飼育環境で検証することが目的だったので、この結果にはある程度納得しています。

まぁ負け惜しみですがwww

昨年の飼育当初は低温飼育に関す情報が少なく、個の環境の違いじゃね?くらいに思っていたんです・・・

飼育している間にこんなにもタラレギ低温飼育不向種に指定されているとは・・・

救いは低温飼育でも36g・37gのニョロが出たことでしょうか。

サイズも管理表をアップする直前に計測しているんで、暴れる暴れる・・・

結局、挟まれること2回、腕を登られること1回(これはマジで怖かった^^;

次世代は安価な菌糸で♂全頭80mmUPを目標にしています。

もちろん80mmUPが出なかったときの言い訳ですが、ナニか?




スポンサーサイト
別窓 Mesotopus tarandus コメント:3 トラックバック:0 top↑
何事も経験^^;
2008-03-25 Tue 11:51
先日、塩ビのパイプ(ボイド)を求めて街中のホームセンターを巡りました。

3時間ほど掛けて・・・

しかし、100mm(内径)まではあるものの、お目当ての125mmは残念ながら見つかりませんでしたorz...

いや!あることはあったんですが・・・

∑(▽|||) 4m・・・

やっぱ、ホームセンターじゃ無理っぽいな・・・

そう思っていたら、塩ビのパイプが陳列している隣に「ボイド」発見!

お目当ての125mmもあるじゃありませんか!

「THE・本物志向」

そんな訳で、ボイド1本を500円少々で購入。

会計しているとき、何気にレジのおばちゃんに「これって、何で切るんですかね?」って聞いてみました。

そしたら、おばちゃん「カッターで切れるんじゃないですかね?」

・・・

えぇ、自宅に戻ってカッターで切ってみましたよ。


キ~コ キ~コ・・・ 
(;´Д`)/| ハアハア


キ~コ キ~コ ・・・ (;´Д`)/| ハアハア



って、切れるかぁ~ボケェ !! ヾ(`Д´*)ノ

結局、用意していたノコギリで切りましたwww
切り口がバサボサになってしまったため、丁寧にヤスリをかけ防水用に木工用ボンドを塗り、乾燥したところでボイド全体に撥水剤でコーティング。

さぁ、使い心地は如何に?

GORA6511.jpg 【Mesotopus Tarandus】
 コンゴ産 BON・ド・ガ~ルの直仔 CBF1
 ♂76(ぴょん吉君) ♀48(BON・ド・ガ~ル)
 2007.6/23 割り出し
 2007.7/07 孵化

PaPaさんから頂いた、優良血統のタラちゃんが蛹化しました^^
しかし!ものゴッツちっさいですorz...
左上:16.7g  右上:14.3g  左下:14.3g

PaPaさん、本当にゴメンなさい m(_ _ ;;m

【Mesotopus tarandus】
 GORA 8352 Original B-Line
 アフリカ コンゴ産 ♂83mm(WF1)×♀52mm(WF1) 同腹個体
GORA6489.jpg  GORA6493.jpg
左:10.2g  右:11.8g

GORA6510.jpg こちらは1週間以内に羽化しそうな蛹と羽化ま
 で3週間はありそうな蛹を人工蛹室に同居さ
 せている様子です。
 先に羽化した♀が隣の蛹室に侵入しないよう
 に仕切り版を立てています。

左:12.4g(B-Line)  右:未測定(A-Line)

この他にも続々と蛹化しています。
80mmUP期待の個体も数頭いますが、全般的にちっさいような感じがします。

たぶん最大の要因は16℃~20℃という過酷な低温管理にあったと思います。
この低温管理でもタラニョロは活動もするし、成長もします。
しかし、測定結果を見る限りカワラ菌床の持ちは良くなりますがニョロには決して良い環境ではなかったのではないかと思います。
低温にして幼虫(餌の摂取)期間を延ばし、体重を増やすという管理は現段階で我が家のタラニョロには効果がなく規定の6ヶ月~8ヶ月の幼虫期間で蛹化しています。

次世代は23℃~25℃付近で飼育し、成長を観察してみたいと思います。

って、まとめに入ってるみたいな書き方だけど、まだまだ続くよwww


別窓 Mesotopus tarandus コメント:7 トラックバック:0 top↑
回顧録 part.1
2007-10-18 Thu 17:34

ようやく滞っていたレスも終わり、そろそろ皆さんのブログへおじゃま虫w

しかも2週間ブログを放置している間に、まんじくんさんのブログは
お祭り騒ぎになっているではありませんか!

同じ1周年で、10万Hit と1万hit 。。。

この差は凄すぎるorz...

そんな訳で日頃お世話になっているまんじくんさんですので
当然σ^^も協賛品放出です♪

内容は明日届くものを見てから考えます♪

さて、意味深な発言でネタを引っ張りつつカブクワネタですw

GORA5249.jpg 【Mesotopus tarandus
 GORA 8352 Original C-Line
 アフリカ コンゴ産
 ♂83mm(WF1)×♀52mm(WF1) 同腹個体


9月30日に穿孔した【8352系】と【8051系】の割り出しを昨日行いました。
【8051系】は6個採卵したのですが、いずれも真っ黒で産卵失敗です^^;
【8352系】は10個の採卵に成功しました^^
画像を見ていただければ分かりますが、右下の1個は楕円で健康そうとは
とても言えません。
とりあえず萎むまで管理しますが駄目でしょうね。。。


GORA5273.jpg 【Mesotopus tarandus
 GORA 8352 Original C-Line
 アフリカ コンゴ産
 ♂83mm(WF1)×♀52mm(WF1) 同腹個体
 孵化日:2007.10/18 3頭

そして本日、めでたく3頭が孵化しました^^
孵化直後は顎の先端以外は透き通るような白色をしています。
明日には「発酵マット+カワラ菌床の塊」へ投入します。

昨日はヒラタケ菌床が到着!

今日はコバシャと発酵マットが到着予定。。。

明日は「ムフフ♪」が到着予定。。。

しかし肝心のカワラ菌床は発注を忘れてましたorz...

購入資金はあるのか?^^;

さぁてバイトでも探そうかなぁ(爆

別窓 Mesotopus tarandus コメント:6 トラックバック:0 top↑
順調♪
2007-10-02 Tue 15:43
昨日新たな気持ちで頑張ろうと誓ったのに、ネタ切れで挫折しそう。。。

そんな訳で無理やり捻り出したネタをどうぞw

GORA5229.jpg 【Mesotopus tarandus
 アフリカ コンゴ産
 ♂83mm(WF1)×♀52mm(WF1) 同腹個体
 【Mesotopus tarandus
 アフリカ コンゴ産
 ♂80mm(WF1)×♀51mm(WF1) 同腹個体


先週セットした【8352系】と【8051系】は順調に産卵材へ穿孔しました。
穿孔して3日ほど経過しています。

若干【8051系】の削り粕が粗めで気になります。
こいつは前回、産卵木を破壊した経験がありますから^^;

あとは静かに審判の日を待つばかりです。。。


GORA5223.jpg 【Mesotopus tarandus
 GORA 8352 Original B-Line
 アフリカ コンゴ産
 ♂83mm(WF1)×♀52mm(WF1) 同腹個体
 孵化日:2007/09/21~23



孵化した卵は24時間ほどそのままティッシュ管理し、頭の色が付いたら
「発酵マット+カワラ皮膜」で管理しています。
しかし、今回孵化した9頭はカワラ皮膜がなかったため、プリンカップに詰
めていたカワラを千切ってマットの上に転がしておきました。

σ^^がニョロをカワラに投入するタイミングは、発酵マットに潜らずカワラ皮
膜を食している状態が続いた時だと判断しています。

しかしこれでは判断が付かないためニョロの居場所を探るべく掘り出して
みます。

カワラの塊を取り出し発酵マットの中をくまなく探しましたが、ニョロの姿を
発見することは出来ません。

まさか!と思い先程取り出したカワラの塊を崩していくと。。。

GORA5226.jpg 居やがりましたw

 残りの8頭も確認しましたが、全頭カワラの
 塊の中 に入っていました。

 じゃぁカワラ投入のサインってことで♪

今回初めて皮膜ではなくブロックを使用して分かったことは、かなり初令
の早い段階からカワラに適応能力があるということです。

もしかすると発酵マットでの管理は、孵化してから体の機能がきちんと
活動するまでの僅かな期間で問題ないかもしれませんね。

あぁ、そろそろカワラ詰めなくちゃ^^;
別窓 Mesotopus tarandus コメント:14 トラックバック:0 top↑
吹いてる?
2007-09-22 Sat 20:54

さぁ職場から本日もお届けしますよぉ~
って軽い感じで更新しようかなぁって思ってたんですよ。

口笛でも吹きながら。いやむしろ鼻歌でも歌いながら。。。

上司め!こき使いやがってil||li_| ̄|○il||li

そんな訳で予定より遅い更新です^^;

GORA5155.jpg 【Mesotopus tarandus
 GORA 8352 Original B-Line
 アフリカ コンゴ産
 ♂83mm(WF1)×♀52mm(WF1) 同腹個体





来たよこれヽ( ´▽)ノ ♪

採卵したとき歪だったから、かなり心配だったんだけど。。。

今追い風吹いてる?いやむしろグイグイ押されてる?
いや~あれだな。あれ。

・・・

雰囲気♪雰囲気♪www

GORA5124.jpg   GORA5130.jpg
Prosopocoilus giraffa keisukei
 和名:ギラファノコギリクワガタ
 産地:インドネシア・フローレス島 2007.9/16 羽化♀

報告が遅れてしまいましたが、まんじくん血統最後の♀が羽化しました♪
羽化後数時間でこんなにお転婆な♀ちゃんは見たことがありません。

もう冷や汗もんですよ^^;

これで♀3頭、無事完品♪
残るは♂5頭ですが、いまだニョロのご様子。。。

こっちにも追い風吹かねぇかなー

別窓 Mesotopus tarandus コメント:6 トラックバック:0 top↑
 オヤジが嵌ってナニが悪い  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。